自業自得でしかないのです

基本的に太っているということはない僕ですが、自分の天命を振り返ってみると特別顔付きも乗り物も満杯に太っていた辺りは学徒から社会人2階級目ぐらいだ。ジェネレーションで言うのであれば、19~24年代ぐらいが一番今までの中で太っていました。フィルムを撮るという顔付きが真ん丸、トータルを見ると別に下半身が太っていたた結果大腿が分厚くジーパンを履くたびキツく感じ取るようになり、さらに座っているという乗り物が痺れてきていました。

そういった自分でもなぜ太ってしまったか分かっていました。それは菓子パンが好み、脂っこいご飯が好きで良くファストフード暖簾に通っては、潤沢食べていたからだ。自業自得でしかないのですが、どうにかこういう脂肪陣ってお別れしたいと考えて、いくつかの減量テクニックに挑戦を通してみました。

ではバナナ減量。朝食だけバナナに乗り換えるだけという簡単な減量テクニック。TVで紹介されていたため学徒の頃に試してみましたが、いざ昼前にバナナ1ガイドしか食べないのでお腹が空いて素行がなかったです。通常お腹が空いてしまうのでスウィーツをつまんでしまい意味が無く通常、一気にバナナ減量は挫折しました。次に挑戦したのは記録減量。これは備忘録などに自分が昼前・昼間・夕といった食べてきた製品のカロリーを記載してワンデイトータルでどれくらいのカロリー取り入れをしたのかを値で見て自覚して出向くという減量テクニック。これはバナナ減量よりも続きました。但し、こういう減量テクニックを通して数日経って気づいたのです。カロリー表現も細かく書いてないフードが多いことに。パン1個とかだとわかりやすいのですが、gでの表現になるとどうして計算していいのかわからなくなり、適当に書いてしまい自分に甘えが出てきてしまっていました。そのため決して書いていても意味がないことに気付き辞めました。そうして最後にたどりついた減量テクニックは、野菜から取る減量。これは自分で名を考えたのですが、お腹が空いているとひとりでに食べ物や副食にポイントが出てしまいますが、そこは抑えて野菜から摂るようにしました。野菜から食するため、お腹が満たされ炭水化物の食べ物をあんまり摂らなくてすむようになります。するとグングンウエイトは減少して赴きボディも細くなり、減量成功しました。無理をしてやせるよりも、ランチの食する順序を差しかえるため減量できますので何はなくとも試してみてください。アモキシシリン